読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとりでいること。

ただ1人、黙々と、積極的な孤独を選択しました。

あなたの自由で。

こんばんは、train です。

先日は長男と入社式用のスーツを買いに行きました。

 

「洋服の○○」的なお店です。

彼も私もスーツの採寸、初体験…。

2時間かかったけど、

良い買い物ができました。

彼がネクタイやらビジネスバッグやら、ハンカチやらワイシャツを選んでいたらかなりの時間になりました。

本題です。

事情があって、子ども達と離れて暮らすtrain 、子ども達に「ものの捨て方」を教えていなかった…いけません。

 

発覚したのは、長男の一言

「中学の教科書、どうすれば良い?スーツを置く場所がないよ…」

あぁ、いつまでもとっておいてどうするの…。中学時代の教科書は必要?

ファミレスにて、料理を待つ間の会話。

しばし、「ものの捨て方」について話しました。

結論は「今の自分に必要がないものは捨てる」「自分で決めて捨てる」だけなのですが…。彼が社会人になる前に伝えられて良かった。

そうしないと、小学生時代に購入したリュック、中学時代のブレザー、工作の作品にいつまでも埋もれてしまいながら、大人になっていく…。これはいかん。

新しいものを買って、古いものを捨てる。

昼間に親子でファミレスで話す内容にしては似つかわしくないけど。

gucci-black