読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとりでいること。

ただ1人、黙々と、積極的な孤独を選択しました。

素直になれない

こんばんは。

元日早々、現夫が家出した train  です。

悲しい、という感情よりは、途方にくれた感情の方が大きかったです。

義理実家のどなたかにお電話をして、彼の消息を尋ねても良かったのかも。

話が大きくなりそうだから、あえて電話はしませんでした。

1月2日、私の仕事帰りに、彼は帰宅していました。

なぜかお雑煮を作っていました。

f:id:train1970:20170102214659j:image

なっ、味見してくれよ。

お餅は何個食べる?

三つ葉ってさ、案外高いんだね。

大根と人参が柔らかく煮えたよね。

 

私に一生懸命話しかけてくる…。

「初詣、いつ行こうか?」

(私は行きたくない…。昨年、あなたの勧めで初詣に行って、入院中のお姑さんのお見舞いに行かなかったら、義理姉様から、

「お前の嫁は見舞いにも来ないのか⁈」と怒られたでしょう。覚えていないの…。)

心の中で彼に話した。

お雑煮を少しだけ食べて、ひとりになりたくて早々に布団に潜り込んだ。

お雑煮は昔と変わらず、美味しかった。

でも、素直になれなかった。

なぜかはわからない。

私の甘えた気持ちかもしれない。