読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとりでいること。

ただ1人、黙々と、積極的な孤独を選択しました。

ひとりのことば

17:30になると、役所から聞こえるアナウンス。

「外で遊んでいるお子さん達はおうちに帰りましょう」

哀愁感が漂うこのアナウンスが好きで、ちょっと切なくなる。

 

私の好きな俳人「尾崎放哉」について。

        咳をしても一人

学生時間に衝撃を受けた句です。

彼が孤独を愛していたのか、何らかの因果関係で孤独になってしまったのかはまだ、読み解いている途中です。

すごいですね、短い句の中に漂う、そこはかとない奥深い孤独感。

それが絶望なのか、愛情への渇望なのかは分かりません…。

とにかく、この孤独感、大好きです。

 

尾崎放哉句集 (岩波文庫)

尾崎放哉句集 (岩波文庫)