読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとりでいること。

ただ1人、黙々と、積極的な孤独を選択しました。

唯一相談したのは…。

こんばんは、trainです。

今年に入って旦那様およびそのご家族とひと悶着あり、最近になってやっと落ち着いた感があります。

彼らは嫁の私は他人と言い続けていた割に、都合良く私の専門性を利用していたのが理解出来ませんでした…。私には職責や守秘義務や専門性があるんだあああっ。分かってくれ…。

身内であり、身内でないような変な感じの事情だったので、唯一相談できた方が、かかりつけの心療内科の先生でした。

先生は淡々と

「僕だって、親戚や身内に医療相談をされても、自分の患者ではないから意見はできないよ。」
ごもっとも、です。さらに先生は

「1人の患者さんに対して同じ職種の専門家は2人は必要ないでしょ。基本1対1でしょ。」

確かに…。
皆様には分かりづらい話でスミマセン。

では、良い休日を(^-^)/f:id:train1970:20160507233444j:image