読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとりでいること。

ただ1人、黙々と、積極的な孤独を選択しました。

夕飯も作らなかった。

みなさん、こんばんは、trainです。

新婚当時は、やはりおままごとの生活で「クックパッド」やらで彼の好きそうなお献立も作りました。彼は喜んで食べてくれました。

義理の家族の入院、それに伴う義理の兄弟からの私への誤解やら、夫婦喧嘩やらで、私の中の「食事を作る意欲」が著しく失われました…。精神的にすり減ってしまいました。

ふと、ある日、あ、私、旦那様に気に入られたくてお料理していたんだ、と…気づきました。

誰しも、食卓を囲んで、1日の出来事を話して、おかずに舌鼓を打つ、微笑ましい光景ですね。でも、今の私にはそんな気力がない…。

旦那様とは最低限の会話はします。
日常の挨拶、事務連絡、帰宅時間…等々。

今日も私は「私はお腹が空いていないし、あなたの帰宅時間を教えてもらえなかったから」を理由に夕食を準備しなかったのですが、彼は怒ることなく、「分かった、明日は一緒に朝食を食べよう」と言っていました。

再婚4年目、ちょっと疲れたかも。

よけいなことは言わない努力はしています。f:id:train1970:20160504231942j:image