ひとりでいること。

ただ1人、黙々と、積極的な孤独を選択しました。

忘却力

 

こんにちは、train です。

入院中、退院後も

体重コントロールの件で特に父親から頻回に圧力がかかることがストレス

でした。私なりに「食べて増やそう」くらいのスタンスを覆してくる父親。

実弟はそこをよくわきまえていて、

「父親からの説教は一旦、感謝として受け取り、その後忘れること」

と教えてくれました。説教がストレスならば、すぐ忘れた方が良い、忘却力を身につけなさいと彼は言っていました。

ストレスは悪い影響しか及ぼさないから…。

自分を育ててもらった親だけど、言われたことをすべてを真に受けるのもどうなのか、といったところですね。

f:id:train1970:20181104153225j:image

画像はあまり関係ないですが。

 

 

おいしく、楽しく食べたい

こんばんは、trainです。

すでに退院して、ほぼ2週間以上経過しています。

課題があります。

スタミナアップ

体重コントロール

と言いたいですが、入院生活のトラウマにさいなまされています。

入院生活のストレス

両親からの圧力

特に、両親は親心からか、「食べて体重増やせ」を入院先で大声で連呼。

悪気がない行動がこんなにむごいとは思いませんでした。

 

食べることは大切

おいしく、楽しく食べたい

子どもじゃないけどそう思う。

押し付けられるように食べたくない。

食べた量や内容を評価されたくない。

両親のことをとやかく記載したくないけど、体重増やせ発言は辛かったです。

とりあえず毎日3食食べているから体重は入院前と同じ値になりました。

f:id:train1970:20181103222845j:image

今回は愚痴でしたね、おやすみなさい。

食べろ、太れ、と言われても。

こんばんは、train です。

10月中旬に退院し、ぼちぼちと普通の生活を取り戻しつつあります。

父親とメール交換していますが、その内容が、私の容姿に関することに言及しています。

私は、もともと痩せ体質なので、入院生活を送るとさらに痩せてしまいました。あと、入院生活が2ヶ月と長すぎて、精神的に辛く、胃腸炎を起こして体重減少。

父親は

なぜ、お前は痩せている?

たくさん食べろ。

鰻送ってやる。

そんなこと、いきなり言われても…。

親心からかも知れませんが、1日3食、揚げ物定食食べろ、みたいな発言でした。

入院中に追い打ちをかけるなんて…。

お父さん、あなたの妻の体型を見たら、私がどうして痩せ型になったか、わかるはず。

栄養を摂りなよ。

みたいな父親の発言で良かったかもしれないが、親子ゆえ、言葉の棘は痛かった。

食事は美味しく、楽しく!

f:id:train1970:20181101231733j:image

おやすみなさい。

 

 

不仲だった理由

こんばんは、train です。

前回、父親との出来事をブログにアップしました。

今回は母親の件です。

私の入院をきっかけに、退院後も手紙やはがき、宅急便で衣類を送ってくれるようになりました。

そもそも、私は、物心ついた頃から母親となぜか不仲でした。

なので、母親のご機嫌とりをしないと実家で生きていけなかった。

もう何十年も前の話ですが。

最近、実弟と会話して分かりました。

そもそも、私が出生した頃から両親は不仲で、離婚話が何回もあったそうでした。

私も明らかに不仲な両親だとは思っていたが、何十年も前から離婚話が出ていたとは。

この子さえ生まれなければ、という、八つ当たりの対象にされていたのかも。

と、自分が大人になってからのほほんと思うようになりました。

実弟いわく「母親は結婚にも育児にも向いていない人で、姉さんがすべて悪いとは言えないよ」とのことでした。

なので、母親と私の不仲の理由は謎のまま…。母親には当たらず、さわらず、対応していこうと思います。

上品な母親なんですよ、一応。

f:id:train1970:20181025220902j:image

父親とメール交換

こんばんは、train です。

13日に無事に退院、自宅に帰ることができました。

13日〜20日までの間は、退院後のフォローアップ通院や事務手続きで妙に忙しく過ごしていました。

父親から何通か手紙も自宅に郵送されてきました。

父親のパソコンのメールアドレス

が、手紙に記載されていたので、お礼がてら送信しました。

我が父は、緑内障、難聴を患っているので、スマホ操作、電話連絡が難しくなったそうです。

たどり着いたのが、パソコンでのメール交換だったそうです。

 

昨日から、父親より

私に本を送る

私に米や食べ物を送る

近くの神社にお祓いに行きました

等々、たわいもない内容が送信されてきます。

視力障害の中、頑張っているんだな。としみじみしました。

お願いだから、一人暮らしの我が家に10㎏の新米は送付しないで…。

これだけは切にお願いしました。

20年ぶりの親子らしいやり取りとなりました。

f:id:train1970:20181020224224j:image

 

 

今にして思えば

こんばんは、train です。

本日、無事に退院の運びとなりました。

自分が退院するために

親族、医療スタッフの方々、医師…どれだけ多くの方々が動いたか。そして、一命をとりとめたことに感謝です!

入院の原因は「事故」でした。当時私が車や自転車を運転していたわけでもなく、誰かとトラブルに巻き込まれたわけではないです。詳細は割愛します。

8月に事故で意識朦朧とした中、手術、リハビリを経て10月に退院できました!

あなた、危うく死にかけるところだったわ、

そんな母親の発言が今も心に残ります。

命あっての物種

日々、感謝で過ごします。

f:id:train1970:20181013224451j:image

改めて感じます!皆様も年末年始、事故には気をつけてください!

写真のお弁当くらい、パクパク食べられるように目指して…。

ひとりでいるメリットとデメリット

こんばんは、train です。

離婚を決めて、ひとりでいた方が良い、と思い、ひとり住まい、ひとりを満喫していました。

今回、8月に急遽入院という、人生最大のアクシデントを経験したので、私なりにまとめてみました。

[ ひとりのメリット]

① もちろん、自分のペース時間配分で生活が成り立つ。

ミニマリスト生活を送ることが可能

好きな持ち物に囲まれて生活できる!

[ ひとりのデメリット]

① 入院してから判明しましたが…。

ひとり暮らしだから、入院中は自宅に郵便を取りに行けない。初めての入院で不安だらけ。都内に住む弟の助けを何回も借りました!遠方から両親は衣類をたくさん差し入れ、面会に来てくれるわで、

キーパーソンとなる親戚縁者が自宅そばにいなかった。

携帯電話で連絡を取ればいいこともありますが、実際、面会して話さないといけないこともいくらかありました。

特に金銭面の話題は個人的だから。

② 入院準備をしていなかった。

急遽入院となり、入院準備がままならないままで、何日か病院から日用品等を借りていました。これは個人の価値観かと思います。ひとり暮らしには災害用品も準備が必要だ、と改めて思いました。

[結論]

① 実家家族とは折に触れて近況報告しあう。

実弟ともその話を入院先の面会時にしました。当たり前ですがね。

② ひとりの備えをしておく。

緊急事態はないに越したことはないです。自分が気をつけていても事故や災害に巻き込まれることがあります。

そんな時のために、備えをしようと思います。

ミニマリストと備えは違った…。

f:id:train1970:20181010191734j:image

退院間近です。当日は実弟が迎えに来てくれます。ありがたい…。

退院したら、自宅もボチボチ冬支度。